面接で話すための情報集め|国家試験に合格できる予備校|医学部でも安心の指導体制

国家試験に合格できる予備校|医学部でも安心の指導体制

面接で話すための情報集め

生徒

面接で自分を売り込む工夫

大学や高等学校の推薦入試、私立中学の受験などで課される面接試験では必ずと言って良いほど志望動機が聞かれます。志望動機は、自分を合格にすると学校にこのような良い影響を与えるというアピールにも繋がるので事前に準備をしておくことが大切です。自分が今までどのように生活してきたのかを踏まえて、入学した学校で何を学ぶかや、どんなことを頑張りたいのかを工夫して話せると、面接官の印象に残ります。卒業する学校で部活動に力を入れてきたならば、受験校で入部したいと思う部活動について自分の思いを伝えることも良いです。志望動機は1分程度で話すことが良いので、上記の内容で予め300文字程度で文章を考えておくと本番に対応しやすいです。話が相手に一番伝わりやすい速度が300文字であり、この話す速度や話す内容に自分の経験を織り交ぜることを工夫すれば、面接官から好印象が得られます。

体験入学などで情報を知る

面接試験では、受験する学校に対してどこがどういういう風に気に入っているのか、志望動機に具体性を持たせる必要があります。したがって、中学生は高等学校の体験入学、高校生は大学のオープンキャンパスに参加して雰囲気を掴むと良いです。学校によっては体験授業が受けられたり部活動を体験したりできますし、卒業後の進路も教えてもらえることもあり、色々な情報を知ることができます。また、兄や姉が志望校に在籍していたり卒業生だったりすると、学校の内情を知ることができますし、姉や兄の話題が和やかに面接を進めるきっかけになります。志望動機を話すためだけでなく、入学後に良かったと思えるような学校に入学できるためにも、学校に見学に行くことや、知り合いからの情報は大切です。