通信制が担うもの|国家試験に合格できる予備校|医学部でも安心の指導体制

国家試験に合格できる予備校|医学部でも安心の指導体制

通信制が担うもの

勉強

多くの生徒が通う理由

今、通信制高校の数が増加しています。少子化により、全日制の高校が生徒の取り合いが起こっている一方で、通信制高校は生徒数を逆に増やしているのです。この逆転現象は何を意味するのか疑問に思えます。しかし、そこには、通信制高校独自の教育姿勢が大きく関わっているのです。これまでの通信制高校のシステムは、生徒の自主性に任せて学びの場を提供していた傾向があります。それが今では、勉学や生活面に問題を抱えた生徒に寄り添う形でサポートを行う所が増えてきたのです。そのやり方は、各学校によって様々ですが、学校を選択する側にとっては、広い選択肢を得られたことになります。数多くの通信制高校の中で、自分に合った所を見つけること、それが高校進学のチャンスとなることも忘れてはなりません。

学校の特徴を知る

通信制高校のシステムは、実にユニークです。通常は月に3、4日の登校日を設定しているのですが、授業サポートが毎日のように受けられる学校も増えてきました。勉強の遅れが心配な生徒に対してもきめ細かい対応をしてくれるケースも増えています。また、不登校や対人恐怖症といったケースでも、家庭学習で単位の取得ができるよう取り計らってくれる学校まであります。一昔前では高校進学を断念していたような子供でも、通信制のシステムに救われる事例が数多く報告されています。通信制高校には、普通科の高校に馴染めなかった生徒も転入生として受け入れています。現在では、通信制高校の存在が、悩みの多い子供たちの受け皿ともなっているのです。