私立中学を受験するなら|国家試験に合格できる予備校|医学部でも安心の指導体制

国家試験に合格できる予備校|医学部でも安心の指導体制

私立中学を受験するなら

学生

選ぶ時に重視すること

中学受験をする場合に塾選びはとても重要です。まず選ぶ際に自宅からどのくらいの距離にあるかがポイントになります。自宅から遠すぎると通うのが大変になり子どもに負担がかかってしまいます。しかし近すぎても気分の切り替えをするのが難しくなってしまうので注意が必要です。また自宅から近いと友達が通っている場合が高いので気持ちが緩んでしまう場合があるので、電車で1駅や2駅離れた教室が最適です。私立中学を受験する際には中学受験専門の大手進学塾を候補にあげるとよいです。大手進学塾は中学受験に必要なテクニックやノウハウを網羅しているので、希望する学校に入るための近道になるからです。しかし子供によっては大手の塾より個別指導型の塾の方が合っている場合があるので、子どもの特性を考えて選ぶ必要があります。

それぞれの特徴と選び方

中学受験をしなければ入れない私立中学校には、最難関校から準難関校、中堅校までさまざまなレベルの学校があります。したがって中学受験専門の塾も最難関校が得意な教室や中堅校が得意な教室までさまざまな塾があります。そこでまず子どもがどのレベルの学校に入りたいのかを確認することも大切です。最難関校に強い塾では、子ども同士の競争意識も激しく数カ月ごとにテストをしてその得点によってクラス分けを行っています。中堅校が得意な塾では少人数制で授業を行って子どものメンタル面までも手厚くフォローしてくれる場合があります。塾を選ぶ際に合格率ばかりに目が行きがちですが、どのレベルの学校が得意かどうかを確認することも重要です。