国家試験に合格できる予備校|医学部でも安心の指導体制

面接で話すための情報集め

生徒

推薦入試等の面接試験で聞かれる志望動機は、自分が学校に合格した場合の学校への影響を伝える良い機会です。志望動機は具体性を持たせて話す必要がありますから、過去の経歴や学校を見学して感じたこと、知り合いから得た情報は面接試験で役に立ちます。

Read More..

医師になるために

先生

勉強量を確保

将来の夢を医師と呼ぶ人は多くいます。医師になるためには医学部に6年間通い、国家試験に合格、研修医を得て個々の分野に進んでいきます。そんな医学部に進学するには、ご存知の通り、かなりの勉強量・偏差値が必要です。ほとんどの人が医学部に進学するために予備校に通います。また、予備校に通いだすのは高校1年生の頃から、という人が多いです。医学部に進学するために通う予備校ですが、医学部受験に特化したクラスが各予備校にはあります。また、国公立・私立とクラスも分かれていることが多いです。特徴としては基礎・応用編に分かれていることや試験によく出される範囲をメインに授業が行われていることです。また、面接練習を設けている予備校も多くあります。

生徒同士で競い合える

医学部に進学するために予備校に行くメリットは何でしょうか。まず、予備校に通っていた先輩たちからの直接のアドバイスを受けられること、また実績から試験の内容を網羅されていることが挙げられます。特に人気のある予備校は、施設が充実していたり、大学合格率の高かったりするところでしょう。医学部受験専門コースがある予備校だと、同じ学部を目指す者同士切磋琢磨でき、専用の講師がいることは学生時代から士気を高めるメリットがあります。また、学力によりクラス分けも細かく設定されていますので、同じくらいの学力の者同士で勉強できるというメリットもあります。また、自宅から通うことが困難な生徒のために寮を利用することもできます。

私立中学を受験するなら

学生

中学受験の塾を選ぶ時に考えなければならないことは、自宅からどれくらいの距離にあるかということです。まずは大手進学塾を候補に挙げるのがおすすめです。大手進学塾の中にも最難関校が得意な教室や中堅校が得意な教室があるので、子どもがどのレベルの学校を受験するかで選ぶとよいです。

Read More..

通信制が担うもの

勉強

通信制高校では、生徒の数が増えている現状があります。その理由は、通信制高校の教育姿勢が生徒に手厚いことが関係しています。勉学の遅れや不登校などの問題を抱える生徒に対しても、落ちこぼれを出さないように、きめ細かいサポートを行っているのです。

Read More..